一級建築士資格独学散歩道

一級建築士資格取得までの道のりを散文的に綴ります。

今年で3回目の受験、またまた点数あがらず

 本日は一級建築士の受験日である。小職はこれで3回の受験となる。いつものように、受験後にWebの採点サービスに申し込んだ。今年は総合資格学院の採点サービスである。
 結果は以下の通りであった。
 
● 学科I  :13点
● 学科II :13点
● 学科III:18点
● 学科IV :22点
● 学科V :17点
● 総得点 :83点
 
 なんと、点数が昨年度とほとんど変わらないのである。そして、やはり法規の点数が低い。今年は法規についてはずいぶんと頑張ったつもりだったのだが…
学習法に問題があるのか、あるいは、はやり資格学校に通う必要があるということなのだろうか。
 
 さて、3回目の受験で昨年度までと変えたのは積極的に模試を受けることであった。今年は3つ模試を受けたのだが、それだけでは足りないようである。この模試の点数がそれなりに振るわないと、やはり本番試験での合格点獲得は難しいのだ。実は、3回受けた模試の点数はどれも70点台であった。
 
 次年度の受験に向けた対策を考えた。まず、目標を手前に設定し、ある程度合格点を取れるレベルを維持できるようにしようと思う。そのために、二つの目標を設定することにした。


 一つの目標は、模擬試験も含めた過去問については90%の理解をすることである。具体的には「選択肢正誤判定学習法」により、90%の正答率の獲得を目指すことである。この「選択肢正誤判定学習法」については、この記事を参照してほしい。

19.どうやって資格学校生に勝つか『選択肢正誤判定学習法』

 

 二つ目の目標は、模擬試験で総合点90点を獲得することである。1回目の模擬試験は大体6月くらいに開始されるので、それまでに一つの目の目標を達成した状態にするのである。
 
 おそらく、この2つの目標を、実際の試験前に達成することで合格が可能となるはずである。12月には来年度の受験勉強に取りかかろうと思う。そして、それまでの間は少しのんびりするのである。

模擬試験を受験してきました

 本日は日建学院の模擬試験があったので受験してみた。実はこれで2回目の模試受験である。前回は総合資格学院の模擬試験であった。結果はどちらも惨憺たるものだ。どちらも法規の点数が上がらないのである。法規はまさに鬼門。問題文章がやたらと長い。意味が不明確。時間がない。の三重苦なのである。
 そして今回も法規だけは基準点を満たせなかった。模試とはいえこれは致命的なのだ。他の科目は平均点をやや上回るのだが、法規だけは4ポイントも低くなっている。これはどういう差があるということなのだろうか。
 とにかく、本試験まであと2週間なのである。とにかくこの短期間にどうやって法規の得点力をあげるのか。これが大きな課題となったのである。
 
 ところで、ごくたまには勉強から離れたくなる。しかし、そんな時間はない。そのような時は勉強のようではない勉強方法を試みるのがよろしかろう。その方法とは、雑誌を読むのである。昨日、ブルータスという雑誌が建築特集を組んでいるのを発見して購入した。なかなか良い構成である。日本と馴染みの深い建築家とともに、代表作が掲載してある。息抜きにはぴったりなのである。そこでみなさんにも紹介しておきたい。雑誌なのでそれほど金額もはらない。おすすめなのである。

ちなみにKindle版もあるが、やはり雑誌は紙がおすすめ、である。

BRUTUS(ブルータス) 2017年 7/15号[建築を楽しむ教科書]

BRUTUS(ブルータス) 2017年 7/15号[建築を楽しむ教科書]

 

 

 

1級建築施工管理技術検定試験を受験してきました

 今年度は3回目となる一級建築士試験の受験。当然、昨年とやり方を変えて、「法規」と「施工」を強化科目とすることは以前に当ブログでお伝えした通りである。そして、「施工」の強化策として「1級建築施工管理技術検定試験試験」の受験をすることにした。
 昨日その試験を受験してきたので報告する。あくまでも散文的に。
 
1.少し寝坊したが十分間に合った。ふぅ~
 
 今朝は8時に目を覚ました。一瞬で目が覚めた。なぜなら、本当は7時に起きてゆっくりと試験会場に向かう予定だったからだ。どうやらいつも枕元に置いてあるアラームのスイッチが運悪く切れていたようだ。
「あー、マズイなぁ」とか言いながらそそくさと準備にかかる。
 それでも十分間に合う程度の遅れなのである。30分で支度をして、向かうのは上智大学四谷キャンパスだ。JR中央線四ツ谷駅が最寄駅、そこに到着したのは9時半であった。駅から上智大学に入るまでの間にスーツを着て冊子を配る人に出会う。日建学院と総合資格学院の面々である。それぞれ直前チェック問題付きの勧誘ビラを配っているのだ。
 
2.やはり総合資格学院のほうが何かと良いようだ
 
 こういうビラはどんどんもらうべきだ。それは、以前同様のビラに載っていた問題と同じ問題がたまたま試験に出たことがあった経験からである。さて、そのチェック問題であるが、資格学校の違いが如実に表れていたので、今回紹介したい。最初に結論から述べると、総合資格のほうが実によくできている。法令集もそうであるが、日建学院と総合資格を比較すると、総合資格のほうがどうも質が良いのである。では実際のチェック問題を見てみよう。

f:id:papigani:20170614074526j:image f:id:papigani:20170614074614j:image

 どちらがどちらか、というと、一般の4択問題形式になっているのが「日建学院」、そして、一覧表を多用しているのが「総合資格」である。直前にチェックしたいのは実際の問題ではない。とにかく寸法や数量などの数値なのである。直前に文章を読むよりは、一覧表を見たほうがよっぽど短時間に多くの情報を得られるわけだ。逆に、直前に1問分の設問を読んだところで、ほとんど効果はないに等しいと思う。
 
3.建築施工管理技術検定試験と建築士試験との違いとは
 
 ここで、1級建築施工管理技術検定試験の概要を説明しておく。みなさんには一級建築士の学科試験と比較するのが最もわかりやすいと思う。簡単に説明すると、この試験は一級建築士学科試験の「計画」「環境・設備」「法規」「構造」の4科目の問題数を10分の1に圧縮して前半の設問とし、同じく一級建築士学科試験の「施工」の問題数を2倍にして後半の設問とした感じである。「施工」以外の設問は一級建築士試験に比較して難易度を下げている。しかし、「施工」関連の設問の難易度はそれほど変わらないか、むしろ難易度が高いと思われる部分もある。
 全般の難易度は一級建築士と比較した場合50%程度と思われる。この比較の根拠は極めて主観的であるが、一級建築士の学科を合格するために必要な勉強時間を1とするなら、1級建築施工管理技術検定試験に合格するための勉強時間はその半分で済むだろうということである。しかし、実際にはもう少し低めかもしれない。
 この試験の難易度が低い理由は決して個々の設問のレベルが低いからというわけではない。まず合格のための正答率が60%である(一級建築士は正答率70%前後)。そして、全問に回答するのではなく、回答する設問を選択できることが挙げられる。
 
 そういうわけであるから、みなさんには是非ともこの1級建築施工管理技術検定試験を同時に受験することをお勧めしたい。もちろん、今年はもう間に合わないので、来年度の話である
 はっきり申し上げて、一級建築士の受験対策を十分していれば、特別に1級建築施工管理技術検定試験の対策をしなくとも学科試験は合格可能であろう。実地(二次)試験があるので、そちらに対しては個別の対策が必要かもしれない。それでも、一級建築士の受験対策中にこの資格試験を受験したほうが、より効率的であることは間違いないと思う。

「ひらかれる建築」松村秀一著、ちくまプリマー新書

 一般に資格を取得しようとするときに肝になるのはその分野に対する興味であると、私自身は考えている。これがなければ、学習に対するモチベーションが下がり、結果的にレベルアップが相当に難くなる。モチベーションを上げるためには、いま学習しようとしていることが社会にどのように役立つのかを知ることが必要だ。そのため、私自身は建築に関する書籍をできるだけ読むようにしている。その中で、これは秀逸だと思ったものを今回は紹介したい。

 「ひらかれる建築」(松村秀一、ちくま新書)がそれだ。これまで、伊東豊雄や隈健吾の書籍を読んだが、それとは一味違う。言ってみれば、私たちの生活とリンクした建築の在り方を語っているのだ。

 
 隈健吾は「負ける建築」で、建物がそのデザインにより主張するのではなく、人々の暮らしに溶け込むべきであると述べた。一見「ひらかれる建築」と同じ提案に思えるが、明らかに違うのはその建築が新築か既存の建物かという違いだ。「ひらかれる建築」では、現在の居住空間としての空間資源が潤沢となっている中で、これらの資源をいかに活用していくべきかに重点を置いている。

149ページ

 次にかつて、「「ウサギ小屋」等と揶揄されたような狭すぎるものが多くを占めているのではないか?」という疑問について。そもそも一戸の住宅に住む世帯の人数が年々少なくなっているのだから、かつて当たり前だった4人5人の家族が住むのに手狭だった「箱」も、一人世帯や二人世帯の増えた今日では全く手狭でないという状況がある。厚生労働省国民生活基礎調査によると、1953年5人だった平均世帯人員は、2013年には2.51人になっている。また、1953年には最も多かったのは6人以上の世帯、次いで5人世帯だったが、年とともに世帯は縮小し、2013年には二人世帯と一人世帯が圧倒的で、その二種で過半を占めるに至っている。 

 ここで松村秀一が言及している通り、人口減少が進んだ現在では空間資源が潤沢となり、さらに空き家問題として発展している。戸建て住宅の視点から見ると、空き家対策が重要となるが、現在でも戸数が増え続ける共同住宅の老朽化問題はさらに深刻である。戦前の長屋と異なり、マンションというのは戦後日本が個人主義へ傾倒する中で普及してきた居住環境であり、制度化によるコミュニティの形成が必要な状態なのである。しかし、制度化が実現する前に、建築物としてのマンション老朽化が進み、さらにはコミュニティとしての管理組合の高齢化が進行している。結果、マンションコミュニティでは、もともとの無関心に、老齢化に伴う被支援者の増加が重なり、にっちもさっちもいかない状態になりつつある。建築物としてのマンションが内包する一戸一個の住戸が孤立した状態なのである。実はこの問題に対しては、国交省がすでに対策を検討している。

 
 私もマンションの住民であり、まさにマンション運営上の問題や、建築的な老朽化の問題の当事者である。そこで、現在住まうマンションで行われた大規模修繕工事の修繕委員を買って出た。このときに一級建築士の受験により得た知識は大いに役立っている。
 このように、一級建築士資格取得は、その知識をベースとして実質的に近隣住民のためにその知識を役立てることが可能となるのだ。しかし、どれだけ小さな仕事やあるいは社会貢献であってもやはり信頼という名のニーズはついて回る。弁護士などと同じ士業である建築士は、技術的信頼性と社会的信頼性を兼ねているのである。だからこそ、私は今時間があるうちに、一級建築士を取得しようとしているのであった。
 
 最後に、建築家の今後について、松村秀一氏が「ひらかれる建築」の中で言及しているページを紹介して締めくくりたい。

203>

 第三世代の民主化の時代、そこでは新たに建物を造ることから、既にある空間資源を利用して暮らしや仕事の「場」を造ることに重心が移る。主役は生活者である。とすると、私のように建築を専門としてきた者は、自身の役割をどのように自覚すれば良いのだろうか。建築界が職能と呼んできたものが大きく見直しを迫られているだろうことは、多くの人の感じているところだと思うが、見直し、転換の先が見通せない。ただ、第二世代の民主化、脱近代の時代に現れた言説の中には、いまだからこそ政治的な意図等とは無縁に援用できるものが多くあり、それを手掛かりに少しでも見通しを良くすることができると、私は考えている。

 もし、この本をすでに読んでいるならお気づきだと思うが、この本にはマンションに関することは殆ど書かれていない。実はこの本の著者である松村秀一氏は、既に2001年に「団地再生」という書籍を著している。おそらく集合上宅における空間資源の問題はすでに言及済みであり、「ひらかれる建築」ではそのスコープを社会そのもの、そして時代に適用しているようだ。

 

ひらかれる建築: 「民主化」の作法 (ちくま新書 1214)

ひらかれる建築: 「民主化」の作法 (ちくま新書 1214)

 

 

負ける建築

負ける建築

 

 

25.弱点補強計画、次は「施工」

 前回そしてその前回と法令集に関する記事を書いてきた。しかし、今回は施工に関する記事を書く。とにかく、これまでの受験の結果、法規と施工が自分の弱点であることが分かったのであるから、今年度はこれを克服するしかないのである。
 そこで、施工克服のための秘策を紹介する。それは……
●一級建築施工管理技術士の資格を取得する「(-.-)
 実際のはこれは昨年度も実施しようとしていたが、やはり試験日程が一級建築士試験と微妙に重なるために避けてきたものだ。
 
たとえば昨年度の場合
       学科試験    実地(製図)試験
 合格発表  7月22日(金) 2月3日(金)
 合格発表  9月6日(火)  12月15日(木)
 
 さて、問題は二次試験、つまり施工管理技士の場合の実地試験と一級建築士の製図試験の日程がほぼ重なっている点である。かりに、両方の学科試験に合格した場合は、おそらく製図試験を捨てる覚悟が必要かもしれない。そもそも、合格する確率が高いものを優先するのが常道である。一級建築士の製図試験については、翌年じっくりとお金と時間をかけて受験するしかないであろう。
 もしかすると、皆さんにとってはこの計画が無謀に思えるかもしれない。しかし、独学で一級建築士資格を取得するには普通の学習方法で太刀打ちしようなどと考えないほうがいいいと、最近は考えるようになった。なにしろ、他の資格試験とは異なり、明らかに過去問の学習だけでは不足なのである。かりに、過去問学習だけで学科試験を取得するなら、おそらく7年分のすべての過去問に対して90%の正答率を確保する必要があるだろう。
 そして、昨年の試験では過去の問題にはない新たな設問が多数加わっている。かつ、法規は改定が多く、これも多くの学科試験問題にかかわってくるのだ。
 
 とにかく、今年は法規と施工の2科目を重点的に習得する予定である。ちなみに「一級建築施工管理技術士」の申し込みは今週中なのである(2月3日から2月17日)。

 

1級建築施工管理技士 学科問題解説集 平成29年度版

1級建築施工管理技士 学科問題解説集 平成29年度版

 

 

24.法令集アンダーライン引きの楽しみ方

 前回に引き続き、法令集に関することである。

 現在でもまだ、昨年使用していたオレンジ本(日建学院版法令集)のアンダーラインを緑本に(総合資格版法令集)転記する作業中である。全1,000ページのうちの先頭200ページ、全体の約2割を占める建築基準法の転記作業がやっと終了した。まだ先は長いのであるが、実は二つの発見をした。

 

1.緑本が有利な理由を発見
 以前のこのブログ記事で外形的なオレンジ本と緑本との違いを解説した。そのときには気が付かなかった違いがある。それは、条文の末尾に追加されている参照先の記載である。少々わかりにくいので、建築基準法第99条第1項1の場合を例として説明する(便宜上、本文カッコ内の文を省略している)。

◆オレンジ本の場合

第99条 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
一 第6条第1項、第7条の6第1項又は第68条の19第2項の規定に違反した者

緑本の場合

第99条 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
一 第6条第1項、第7条の6第1項又は第68条の19第2項の規定に違反した者
    ●法6条1項(建築の申請・確認)→22

 緑本では、第6条第1項の参照先をその概要とともに追加している。一方でオレンジ本では参照先の記入がない。これは、オレンジ本のほうが参照先記入の数が少ないということではない。その条文など参照先を追加する基準が異なっているのである。

 ここで注目したいのは、オレンジ本では第99条を読んだだけではどのような規定違反があった場合の罰則規定なのかがわからないということだ。これを確認するには、実際に第6条が書いてあるページを開く必要がある。しかし、緑本の場合は、確認申請に関する規定違反の場合であることが、大方予測がつくのである。
 オレンジ本も緑本もその参照先の記載の数を比較するなら、おそらくは同程度だと思われる。ただ、オレンジ本の場合は参照先の条文の概要(括弧書きの内容)までは記載されていない。この差は使い勝手に大きく響いてくるだろうと思われるのである。8割が緑本購入するという事実を鑑みれば「みんなの意見は案外正しい」のである。

※『「みんなの意見」は案外正しい』はジェームズ・スロウィッキー2004年の著作。今ならアマゾンの電子書籍で400円ほどで購入できる。

 

2.何が改定されたかを知る

 アンダーラインを引いていると、その個所の周辺の文にちがいを見出すことができる。今回は建築基準法の別表2にちょっとした違いを発見した。この違いの発見に対して、いろいろと妄想を膨らませるのは一級建築士を受験する者の特権である。その違いからは「国交省がナイトクラブの扱いを見直した」というストーリーを創作できそうである。

 おなじみ建築基準法別表第2は、用途地域内の建築制限である。用途区分を示す記号(い)から(は)までは、いわゆるホワイトリスト形式、そして、(に)から(わ)まではブラックリスト形式で書かれている。
 今年度の別表2は、以下の変更が加えれていた。

(へ)第二種住居地域内に建築してはならない建築物
昨年→三 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場
今年→三 劇場、映画館、演芸場若しくは観覧場又はナイトクラブその他のこれに類する政令で定めるもの

さて、このナイトクラブなるものは、以前はどこの用途地域で制限されていたかというと

(ち)近隣商業地域内に建築してはならない建築物
 二 キャバレー、料理店、ナイトクラブその他これらに類するもの

である。これを見てわかる通り、ナイトクラブは昨年まではキャバレーその他に類するものであったものが、今年は劇場、映画館などに類するものとして、より文化的な色彩の濃いグループに仲間入りしたのである。

f:id:papigani:20170108234258p:plain

 では、ナイトクラブはその用途地域の勢力圏を拡大したのであろうか。去年までは近隣商業地域には建築できなかったナイトクラブは、今年からは建築できるようになった。そしてさらに、準住居地域にも建築できるようになったのである。

 ところで、ナイトクラブとは何か。おそらく明確な定義がないのは、1980年代に台頭したキャバクラの存在のせいではないか。キャバレーとクラブの中間に位置するキャバクラの勢力圏拡大により、おそらくナイトクラブの存在がそちらに引き込まれることなく、会員制、深夜営業、飲食免許によるカテゴリに属する、よりハイ・ソサイエティな存在としての生き残りをかける必要が生じたのではないかと思われる。あるいは、平均貯蓄金額が2,000万円近いと言われる高齢者を主要顧客とするためかもしれない。

 もともとクラブは会員制の社交場のことを指すのだから、政府がそこに新たな国策として業態を見出そうとしていたとしても、少しも不思議ではない。仮にこれをシルバークラブと呼ぶことにする。そして、そのクラブには必ず長寿の酒がおいてあり、そしてなぜか近隣には病院が併設されているのである。店員はすべて白衣を着ているかもしくは看護師の服装である。しかし、もしかするとこのようなクラブは既に存在しているのではないか。早速、調査を要する事案が発生したのである。

 

※追記

ナイトクラブに類する用途が、施行令第130条の9の2に追加されています。

23.今年は緑色の法令集を購入しました

 これまでしばらく休んでいたこのブログもそろそろ再開することにしようと思う。同時に学科試験の学習も再開するのである。まず手始めに法令集を購入した。昨年度までは日建学院のオレンジ本を購入していたわけであるが、今年は総合資格学院の緑本である。以前このブログで紹介したが、試験会場では概算で4対1くらいの割合で緑本の方が多く使用されている。さすがにこの数の差は無視できなくなってきた。
 
 総合学院の緑本では、インデックスが付属していない。かわりに、インデックスを請求するハガキが添付されており、早速自分の住所や電話番号を記載して投函した。投函したのが11月30日である。そしてインデックスが届いたのが12月6日ごろであろうか。
 送られてくるのは、インデックスシールだけではない。シールの他に、以下のものが同封されていた。
 
1.インデックス付法令集の活用方法
 この本には、インデックスシールの貼り方の他に、法令用語の読み方と引き方集がついてくる。例えば、法文で多用される「又は」「及び」「若しくは」「ならびに」などの接続詞の意味が解説されている。さらには、例題とともに、インデックスを活用した法令集の引き方が書いてある。

 インデックスに関しては、オレンジ本よりも使いやすく工夫されているようだ。緑本のインデックスは本を開く側(タテ)と本の上側(ヨコ)に貼りつける。問題文から必要な条文を検索するには、まずタテのインデックスを引き、次にヨコのインデックスを引くように工夫されているようだ。この点は、オレンジ本より使いやすそうである。オレンジ本でも、独自にインデックスを追加したのだが、2段階で引けるようにインデックスを工夫するのは至難の技である。

 

2.アンダーラインの引き方見本
 法令集のどこにアンダーラインを引くべきかが書いてある。初めて受験する人にはおそらく必須のアイテムになるはずだ。私の場合は、去年の法令集を参考にしながら、独自の記入方法を使って転記している最中である。独自の記入方法については、本文末尾を参照して欲しい。
 ところで、今回から新しくしたのは法令集だけではない。実は、赤青鉛筆をやめてフリクションボールにしたのである。以下の点を考えると、色鉛筆よりもフリクションボールの方が良さそうだ。
1)間違って書いた部分もそれなりに綺麗に消せる
2)鉛筆削りがいらない。
3)裏写りがさほど気にならない。写り込みの程度はおそらく色鉛筆と同じ。
4)筆圧が低くても線を引けるので、用紙が凸凹にならない。
 フリクションボールを購入する時に、赤と青を1本ずつ買うか、3色ペンにするか迷ったが、結局3色ペンにした。ペンを持ち替える必要がないので、割と楽である。ただ、ノックを何度も使うことになるので、本体がしっかりとした値段が高めのものを購入することにした。グリップがウッドのタイプである。私にとってグリップの肌触りは非常に重要なのである。
 
 昨年度は、更新された法令集を購入するのがだいぶ遅れた。前年度試験で使用した法令集をそのまま使えると思っていたのが、思いのほか改訂が多く、6月に慌てて法令集を購入し直したのだ。その時にわかったのは、前年度に使った法令集に引いたアンダーラインを、新規に購入した法令集に転記するのは決して時間の無駄ではないということである。アンダーラインを転記することで、法令集の内容を再認識できる。それに、いろいろと新たな工夫ができるのだ。今年は本格的に学習を開始する前に、まずこの処理をする。アンダーラインを転記するのは機械的な作業なので、私自身はそれほど苦にならない。本格的学習開始前のウォーミングアップには最適なのである。

f:id:papigani:20161218225303j:plain

 さて、独自のアンダーラインの引き方についてなのである。重要な個所をマーキングするというよりは、基本的にわかりやすくすることに重点を置いている。主に、以下の要素に分けてアンダーラインなり記号なりを記入している。
1)数値は丸で囲んで、以降の「以上」「以下」は、赤の下線上線で示す。
2)「超える」「未満」の場合は、上記に青い線を重ねる。
3)括弧は青い線でなぞる。二重にかっこがある場合は、外側を二重線の括弧にする。
4)「又は」「若しくは」などは、青で「U」型の記号を重ね、「かつ」「及び」などは「∩」型の記号を重ねる。

────────────────────────

f:id:papigani:20161225141821j:plain

 追伸なのである。その後100円ショップでちょうどよさそげなケースを探していると、まさにぴったりのものがあった。これで十分なのである。いや、これがないと、法令集をカバンに入れるたびにせっかくつけたインデックスがボロボロになり使えなくなってしまうのだ。もし、法令集をカバンに入れる予定があるなら、100円ショップでケースを準備してからにすべきだ。実は、私もケースを購入する前に法令集をカバンに入れて早速インデックスの一部が破壊されてしまったのであった。

 

 

建築関係法令集 法令編〈平成29年版〉

建築関係法令集 法令編〈平成29年版〉