一級建築士資格独学散歩道

一級建築士資格取得までの道のりを散文的に綴ります。

旧岩崎邸庭園に行ってきた

 最近は建築に関する書籍を積極的に読むようにしている。特にこだわりはない。図書館に本を借りに行ったときにたまたま目についた本を手に取って読み、そして気に入ったら借りてくる。今回は「日本建築集中講義」という本を借りた。藤森輝信という建築史家と山口晃という画家との共著である。画家と言いながらもこの本のイラストを描いている。とにかく絵が多いので借りることにしたのである。文体も相当砕けており到底大学の教科書とはなりえない。そして、建築の背景を藤森先生はちゃんと語ってくれるのである。建築史の本を読むとすぐに眠くなるという方には是非お勧めしたい。
 
 さて、この本に登場する建築は国内のそこそこ歴史の古い建築13邸。主に神社仏閣住宅であるが、その第3回目が旧岩崎邸であった。この項を読んだ翌日に私は上野公園東京都美術館(1975年前川國男設計)に出かける用事ができて、その道すがら旧岩崎邸庭園に向かうことにしたのである。
 場所は不忍池の西、東大の敷地に接した一角にある。予備知識はこの本で獲得できているので道に迷うことはない。すぐさま入館料金400円を支払い、邸宅の前面を写真でパチリと撮る。まるで儀式であるかのようにほとんどの来館者はそうするのである。
 エントランスにはドーリア式を模した4本の柱が建ち、しかし近くで見ると塗装が捲れているではないか。1896年(明治29年)に築造、かれこれ122年の歳月を過ぎているのだから致し方あるまい。
 エントランスでは係りの方がビニール袋を手渡してくれる。これは靴をいれるためのものである。洋館といっても当初から土足厳禁であったらしい。見学の順路には赤い絨毯が敷かれている。順路に沿って歩くのであるが、とにかく寒い。底冷えがするのである。ガイドの方の話によると、当主はこの底冷えに相当困っていったらしい。中にいると、現在でも相当に寒いそうだ。
 
 室内はとにかく装飾が多い。この岩崎邸はイギリスの建築家ジョサイア・コンドル(顔立ちは鳥っぽいがしかし頭脳明晰な人、という風に覚えている)の設計によるものである。西洋建築であるから各所に彫刻が施され、そして壁にもエンボス加工が施されている。このエンボス加工された壁紙を金唐革紙(きんからかわかみ)という。たいそう高価であるらしい。思わず指先で触れてみたくなるのだが、館内は「撮影禁止」「手を触れないでください」という忠告が至る所に貼ってある。その代わり感触を確かめるための模造品が展示してある。やはり凹凸は思わず指で触れたくなるというのが人情なのであろう。

f:id:papigani:20180214001827j:plain

 館内の順路に従って歩くと、やがて2階への階段にたどり着く。その欄干には過剰なほどの装飾が施されており、西洋の空気を漂わせるのである。階段を登り切ったその右側には、これまた装飾が施されたガラリのようなものがある。近くにいた係員か警備の方に「このガラリのようなものは何でしょうか?」と聞くと、中にスチーム暖房が隠されているという。ついでなので、室内の暖炉がガス式になっている理由を尋ねる。「ガス式にしたのは途中からです。最初は普通の暖炉であったのですが、ガスが引かれた時に煙突の穴を塞いでガスに変えたそうです」と、答えが返ってきた。それで現在のような奥行きのない、薪をくべる部分をふさいだ暖炉に変わったということらしい。

f:id:papigani:20180214001912j:plain

 洋館から和館へは渡廊下で繋がれている。この渡り廊下から先は、当時の岩崎家の生活空間であったそうだ。つまり、洋館はあくまで来客用であったらしい。商社として海外との取引が多かったのであろう。
 和館では全くの日本建築に空間が変わる。床の間のある20畳ほどの和室には、当時の図面が展示してある。当時の図面は巻物に展開図が描かれていたようだ。巻物は全長24mというから相当なもである。そこには展示中の部屋の展開図が開かれていて、実際の完成品と図面とを見比べることができる。
 さて、その部屋を出て少し奥へと進むと、なぜか一角が喫茶コーナーになっている。看板があり「小岩井農場」と描かれてあった。はて、なぜこんな所に小岩井農場が、と思い後から知った内容では、実はこの岩崎邸を建てた岩崎久弥が小岩井農場創業者の一人であるという。そもそも小岩井の「小」は「小野」、「岩」は「岩崎」、「井」は「井上」である。この三人が共同で岩手に牧場を作ったのが小岩井農場のはじまりである。そもそも小岩井農場の本社は三菱のビルに入っているのだ。
 
 ところで当日ガイドの方が面白い話をしていたので紹介したい。そもそも戦前に建てられた岩崎邸が関東大震災にも東京大空襲にも耐えることができたのはなぜか。まず、関東大震災に対してはこの邸宅がそれなりにしっかりとしたつくりであったからだそうである。そして、東京大空襲の時は、すぐ隣に東京大学がありアメリカ軍は図書館などの被害を与えないため爆弾を投下しなかったらしい。と、この話をしたうえで、ガイドの方は持論を述べだした。おそらく、米軍は日本が負ける前提で空爆当初から自分たちが駐屯する場所を残したのではないか、ということである。
 もしこれが本当なら米国人らしい実に合理的な考え方である。建築は合理の塊である。そしてこの岩崎邸は実に合理的な造りになっている。ただし、底冷えするのはなぜかという疑問に対しては、答えを得ることはできなかったのである。
 
※追伸です。前回のブログに書いた一級建築施工管理技士の試験はおかげさまで合格いたしました。

 

藤森照信×山口晃 日本建築集中講義

藤森照信×山口晃 日本建築集中講義

 

 

一級建築施工管理技士の実地試験を受けてきました

 本日は雨の中を明治大学和泉校舎で行われた一級建築施工管理技術士の実地試験を受けてきた。
 明大前駅というのは京王線がクロスするいわば利便性の高い立地でありながら、いまだに下町の趣を残す町なのである。その名前の通り、明治大学があるのだが、明大前駅から明治大学までの道程には首都高という構造物が立ちはだかるのであった。
 試験日である10月15日(日曜日)11時半、明大前に到着した私はまずは一服するべく喫茶店を探し、ドトールの2階に着席した。そうして外に顔向けると、目の前にはなぜか明大方面に向かう人々の長い列ができていた。試験開始まではまだ1時間以上あるのにこの歩道からはみ出さんとする群衆の列は異常ではないか。
 しかし、ドトールを出て200mほど群衆に交じり進むとその原因が分かったのである。駅から明治大学までの途中には首都高があり、そこには高架橋という金属質の川がある。対岸まで到達するためには歩道橋という現代の橋を渡らなければならなない。その歩道橋がボトルネックとなり、群衆をせき止めていたのである。しかも、一級建築施工管理技術士試験と同時に宅建資格の試験も実施しされているらしい。双方都市計画にも関係する試験だけに、この明大前の動線計画がいけていない件につては議論にならないのだろうかといぶかってしまう。
 それはさておくとして、実地試験といっても工事現場を実地でシミュレーションする試験ではない。要するに筆記試験である。そしてそれは私の得意な分野なのであったりする。この時ばかりはブログを書いていてよかったと思ってしまう。文章を綴るということは実はメディアを選ばない。だからこそ人類はローマ史以来この文章という力によって統率され文明を育んできたといえなくもない。文字としての価値は活字も筆記も意味論的にはある意味同じである。
 また話が横道にそれてしまった。閑話休題である。前回説明したように、一級建築施工管理技術士の実地試験は全部で6問ある。1問目がもっとも比重が大きく、施工経験を400文字程度にまとめて論述する試験である。
 私も実際の試験の解答用紙を見たことがなかったのである。今回初めて目の当たりにした。この実地試験の解答用紙は両面印刷になっていて、表面すべてが第1問目の解答欄なのである。つまり、第1問目の比重はおろらく40%から50%程度と思われる。そして裏面が第2問から第6問までの解答欄である。
 全般的に今年度の試験は私にとっては回答しやすい傾向にあった。通常、第2問から第4問までは記述式もしは誤記訂正の問題が交互に出題される。今年度は第2問と第3問の3問中2問が記述式であった。記述式であれば何とかなるものなのである。デジタルでなくアナログなので、なんとなくの形にできてしまうのであった。
 
それでは、第1問から6問までの今年度の傾向をまとめてみたいと思う。
 
第1問 予想通り、施工の合理化に関する問題。しかし、解答欄は一つの事例に対して次の3項目を回答する必要がある。
 ①原因とその措置、②品質の維持と注意点、③合理化の理由
用意していた回答を少しアレンジしただけで回答できた。特に以下の回答は事前のサンプル回答添削で褒められたので回答概要を掲載しておきたい。
工種または部位などは内装工事である。
①施工の合理化が必要となった原因と実施した内容
 事務所内改修工事において、壁面の墨出しにあたり、床タイルカーペットの撤去前に新設壁面の墨出しを行うため、床面ではなく天井面に墨付けを行った。
②実施する際に確保しようとした品質と留意事項
 現状ではレーザー墨出し器を使用することで天井面においても高い精度で素早く墨付けを行うことができるが、使用方法を間違えると精度が下がりまた時間がかかることもあるため、事前に使用方法を確認する。
③実施したことにより施工の合理化ができたと考えられる理由
天井面に墨付けを早い段階で行うことで、照明器具、監視カメラと壁面との取り合いを事前に確認することができ、手戻りを減らすことができる。また、床面に墨付けをした場合は歩行により墨が消えることがあるが天井面であればその心配はない。
 
 実はこの回答、実際に私が担当した現場で天井に墨が打ってあったのだ。自分が指示したわけではないのだが、なるほどと思った。実体験は文章にしやすい。
 
第2問 仮設計画の計画上の注意点をく述する設問、回答の対象は
①吊り足場、②起状式(ジブ)クレーンタワー、③仮設ゴンドラ
それぞれの題材が多少特殊かもしれないが、②は既出である
 
第3問 躯体回りの施工上の注意点
①既成コンクリート杭の支持力の確認方法
②バーサポート又はスペーサー設置の留意点
コールドジョイントの発生防止の留意点
④鉄骨への耐火被覆施工上の留意点
 
第4問 誤記抽出訂正問題。新しい問題が出たので、これは結構むずかしかった。
①改質アスファルト防水工事
②タイルの検査
③金属板葺き屋根工事
④金属製手すりの膨張率
左官工事における吸水調整剤
⑥ステンレス角出し曲げ加工
⑦アクリル樹脂系非水分散形塗料(NAD)
⑧フリーアクセスフロアへのタイルカーペット張り
 
第5問 講習を受けた際に講師が「出ない」と言っていた「ネットワーク工程表の問題」が出題された。一級建築士試験ではネットワーク工程表がよく出題されるので、そちらの知識を流用することで何とか回答できた。
 
第6問 法規
法規については結構力を入れて学習していた。半分くらいはあたっていると思う。いや正解であってほしいという願望。
 
 下馬評では60%の正答率で合格とのことであるが、いかんせん記述式なので実際の点数は測りにくい。しかし、記述式の問題については、極力滅点のないように回答したので、7割近くは得点できていると思う。問題は第4問の正誤記入と第6問の法規の回答である。実際に試験は水物であり、往々にして大丈夫と思っていたら落ちていたりする。ただ、今年の試験は第2もと第3問が記述式であったので、私にとっては有利であった。まあ力は出し尽くしたのでおそらく大丈夫だと思うのだがはたして・・・。結果は2月に判る。

一級建築施工管理技士の実地試験勉強中

 今年もまた一級建築士学科試験は敢え無く敗退したのであった。しかし、先日結果通知が届き結構複雑な気持ちになってしまったのである。合格基準点は87点。通念に比べかなり低い。そして私の得点は83点、さらに低いので結果不合格である訳だが、残り4点足りなかったということである。受験直後は合格基準点を90点と予測していたため、今年も去年と得点力が伸びていないと思っていたのだ。実際そうではなく、僅かながらであるが向上していたのである。 続きを読む

29.一級建築士学科試験対策『やってはいけないあるある三点セット』

 80点前後をうろうろしている場合ではないのである。これを90点に近づけるための独学独自戦略を検討しなければならない。
 ここで、私が取ることが可能な選択肢の一つは、資格学校に通うことである。そして資格学校が指示する通りに学習を続ければ、おそらく合格は間違いない。
 もう一つの選択肢は、自らが初出問題対策を立てることだ。この方法はなかなか難しそうである。一つの方法としては、資格学校が実施する模擬試験を受けまくることである。そして、模擬試験の初出問題を徹底的に研究するのである。この方法については前回説明した通りのなのだ。
 しかし、これでは足りないかもしれない。実は、こういった裏話をとあるセミナーで聞くことができた。敵を知らずして勝つことはできない。前回の記事で説明の通り、独学者の敵は組織的学習者なのである。独学者の皆さんにはぜひともこれから述べることを肝に銘じてほしいのだ。 続きを読む

28.独学ギャップの現実とは

 独学とは何か。それはつまり、一人で学ぶことであり、その反意後は「組織的学習」なのである。この時、独学者が組織的学習者に対して最も不利な点とは、実際に受験をするまで自分が全体の序列のどの辺にいるのかが不明となる点であろう。それはある意味、見えない敵と戦っているようなものである。
 しかし、これはあまり一般的な話とはいいがたい。なぜなら、これまで私が取得した資格においては、過去問題集でおおむね合格点が獲得できていれば、本番の試験においても合格が可能であったからだ。その例としては、ビジネス実務法務やファシリティマネジャーなどの資格試験があげられる。これらの試験は民間資格に近いこともあり、ハードルが低く特に対策をすることもなく、ある程度の学習量をこなせば合格可能なのである。つまり独学者と組織的学習者が互角に戦える民主的資格といってよい。 続きを読む

27.今年で3回目の受験、またまた点数あがらず

 本日は一級建築士の受験日である。小職はこれで3回の受験となる。いつものように、受験後にWebの採点サービスに申し込んだ。今年は総合資格学院の採点サービスである。
 結果は以下の通りであった。
 
● 学科I  :13点
● 学科II :13点
● 学科III:18点
● 学科IV :22点
● 学科V :17点
● 総得点 :83点
 
 なんと、点数が昨年度とほとんど変わらないのである。そして、やはり法規の点数が低い。今年は法規についてはずいぶんと頑張ったつもりだったのだが…
学習法に問題があるのか、あるいは、はやり資格学校に通う必要があるということなのだろうか。

続きを読む

26.模擬試験を受験してきました

 本日は日建学院の模擬試験があったので受験してみた。実はこれで2回目の模試受験である。前回は総合資格学院の模擬試験であった。結果はどちらも惨憺たるものだ。どちらも法規の点数が上がらないのである。法規はまさに鬼門。問題文章がやたらと長い。意味が不明確。時間がない。の三重苦なのである。 続きを読む