読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一級建築士資格独学散歩道

一級建築士資格取得までの道のりを散文的に綴ります。

23.今年は緑色の法令集を購入しました

 これまでしばらく休んでいたこのブログもそろそろ再開することにしようと思う。同時に学科試験の学習も再開するのである。まず手始めに法令集を購入した。昨年度までは日建学院のオレンジ本を購入していたわけであるが、今年は総合資格学院の緑本である。以前このブログで紹介したが、試験会場では概算で4対1くらいの割合で緑本の方が多く使用されている。さすがにこの数の差は無視できなくなってきた。
 
 総合学院の緑本では、インデックスが付属していない。かわりに、インデックスを請求するハガキが添付されており、早速自分の住所や電話番号を記載して投函した。投函したのが11月30日である。そしてインデックスが届いたのが12月6日ごろであろうか。
 送られてくるのは、インデックスシールだけではない。シールの他に、以下のものが同封されていた。
 
1.インデックス付法令集の活用方法
 この本には、インデックスシールの貼り方の他に、法令用語の読み方と引き方集がついてくる。例えば、法文で多用される「又は」「及び」「若しくは」「ならびに」などの接続詞の意味が解説されている。さらには、例題とともに、インデックスを活用した法令集の引き方が書いてある。

 インデックスに関しては、オレンジ本よりも使いやすく工夫されているようだ。緑本のインデックスは本を開く側(タテ)と本の上側(ヨコ)に貼りつける。問題文から必要な条文を検索するには、まずタテのインデックスを引き、次にヨコのインデックスを引くように工夫されているようだ。この点は、オレンジ本より使いやすそうである。オレンジ本でも、独自にインデックスを追加したのだが、2段階で引けるようにインデックスを工夫するのは至難の技である。

 

2.アンダーラインの引き方見本
 法令集のどこにアンダーラインを引くべきかが書いてある。初めて受験する人にはおそらく必須のアイテムになるはずだ。私の場合は、去年の法令集を参考にしながら、独自の記入方法を使って転記している最中である。独自の記入方法については、本文末尾を参照して欲しい。
 ところで、今回から新しくしたのは法令集だけではない。実は、赤青鉛筆をやめてフリクションボールにしたのである。以下の点を考えると、色鉛筆よりもフリクションボールの方が良さそうだ。
1)間違って書いた部分もそれなりに綺麗に消せる
2)鉛筆削りがいらない。
3)裏写りがさほど気にならない。写り込みの程度はおそらく色鉛筆と同じ。
4)筆圧が低くても線を引けるので、用紙が凸凹にならない。
 フリクションボールを購入する時に、赤と青を1本ずつ買うか、3色ペンにするか迷ったが、結局3色ペンにした。ペンを持ち替える必要がないので、割と楽である。ただ、ノックを何度も使うことになるので、本体がしっかりとした値段が高めのものを購入することにした。グリップがウッドのタイプである。私にとってグリップの肌触りは非常に重要なのである。
 
 昨年度は、更新された法令集を購入するのがだいぶ遅れた。前年度試験で使用した法令集をそのまま使えると思っていたのが、思いのほか改訂が多く、6月に慌てて法令集を購入し直したのだ。その時にわかったのは、前年度に使った法令集に引いたアンダーラインを、新規に購入した法令集に転記するのは決して時間の無駄ではないということである。アンダーラインを転記することで、法令集の内容を再認識できる。それに、いろいろと新たな工夫ができるのだ。今年は本格的に学習を開始する前に、まずこの処理をする。アンダーラインを転記するのは機械的な作業なので、私自身はそれほど苦にならない。本格的学習開始前のウォーミングアップには最適なのである。

f:id:papigani:20161218225303j:plain

 さて、独自のアンダーラインの引き方についてなのである。重要な個所をマーキングするというよりは、基本的にわかりやすくすることに重点を置いている。主に、以下の要素に分けてアンダーラインなり記号なりを記入している。
1)数値は丸で囲んで、以降の「以上」「以下」は、赤の下線上線で示す。
2)「超える」「未満」の場合は、上記に青い線を重ねる。
3)括弧は青い線でなぞる。二重にかっこがある場合は、外側を二重線の括弧にする。
4)「又は」「若しくは」などは、青で「U」型の記号を重ね、「かつ」「及び」などは「∩」型の記号を重ねる。

────────────────────────

f:id:papigani:20161225141821j:plain

 追伸なのである。その後100円ショップでちょうどよさそげなケースを探していると、まさにぴったりのものがあった。これで十分なのである。いや、これがないと、法令集をカバンに入れるたびにせっかくつけたインデックスがボロボロになり使えなくなってしまうのだ。もし、法令集をカバンに入れる予定があるなら、100円ショップでケースを準備してからにすべきだ。実は、私もケースを購入する前に法令集をカバンに入れて早速インデックスの一部が破壊されてしまったのであった。

 

 

建築関係法令集 法令編〈平成29年版〉

建築関係法令集 法令編〈平成29年版〉